スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏、自身への批判に参った? 「人のせいにするな」と訓示 (産経新聞)

  民主党の小沢一郎幹事長は26日、党所属国会議員の事務所で研修していた大学生らのインターンシップ(就業体験)修了式であいさつし、「何するのもいいが、自分の行動に責任を持って(ほしい)。人のせいにしてはいけない。社会が悪いから、政治が悪いからこうなんだ(と非難する)、そんな人間は本当の意味で民主主義社会の一員ではない」と訓示した。

【関連記事】
民主衆院1回生が小沢氏に経済対策を提言
小沢氏の矛先は“便乗閣僚”に?
民主・小沢幹事長「参院選で必ず過半数は達成できる」
批判は許さん!小沢取り巻き“生方イジメ”過熱
いやはや、びっくりした 生方氏インタビューで解任騒動
あれから、15年 地下鉄サリン事件

参院選 「2人目」擁立 小沢氏と地方組織が対立 (産経新聞)
<郵政改革案>30日に閣僚懇談会で最終案 鳩山首相が表明(毎日新聞)
<天気>宮古で氷点下20.3度…各地で2月並み寒さ(毎日新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
郵貯限度額、2000万円に=政府出資は3分の1超(時事通信)
スポンサーサイト

東京都副知事に吉川、村山両氏(時事通信)

 東京都の石原慎太郎知事は28日、菅原秀夫副知事を退任させ、吉川和夫知事本局長と村山寛司財務局長を副知事に起用する人事を決めた。29日の都議会議会運営委員会に提案、30日の本会議で選任同意を得た上で発令する。
 これにより都の副知事は、佐藤広、猪瀬直樹両副知事と合わせ定員通りの4人体制となる。 

橋下知事に応酬、伊丹廃港案で兵庫知事「世の中を動かしてみなさい」(産経新聞)
センバツ 開星監督「21世紀枠に負けて末代の恥」と発言(毎日新聞)
「愛国心」子供条例案、可決 浜松市議会(産経新聞)
食品安全庁を設置へ=農業基本計画に明記-政府(時事通信)
京都府知事選告示、新人・現職の2氏が届け出(読売新聞)

「ブレーキに不具合なし」プリウス事故で千葉県警(産経新聞)

 千葉県松戸市で昨年7月、トヨタのハイブリット車の新型「プリウス」が前方自動車に追突、2人に軽傷を負わせた事故で、千葉県警が専門家の解析結果などから「ブレーキに構造上の不具合はなかった」と判断していたことが19日、県警への取材で分かった。

 県警は、事故原因はブレーキを適切に踏まなかった運転手のミスとして、自動車運転過失傷害(運転上の不注意)の疑いで、同県浦安市の男性会社員(37)を千葉地検松戸支部に書類送検。男性は「ブレーキがきかなかった」と容疑を否認しているという。この事故は国土交通省がトヨタに調査を指示するきっかけとなっていた。

 捜査関係者などによると、事故は昨年7月19日、松戸市南花島の国道6号で発生。信号待ちをしていた乗用車にレンタカーのプリウスが追突し、乗用車に乗っていた2人が軽傷を負った。

 県警によると、事故当初から、プリウスを運転していた男性がブレーキの不具合を訴えたため、昨年9月、県警はトヨタや専門家とともに事故車両を検証。結果、油圧などブレーキ部に問題はなく、車載されている運転記録装置「イベント・データ・レコーダー(EDR)」を解析した結果もブレーキに異常はないというものだった。また、事故車両がレンタカーだったことから、複数の利用者に事情を聴いたが、いずれもブレーキに異常は感じなかったと説明したという。

 その後、米国でトヨタ車の大規模リコール(回収・無償修理)が問題となったため、今年に入りEDRの解析を交通工学の専門家に依頼。2月に「ブレーキに問題はなかった」との報告を受けていた。

【関連記事】
プリウス、本当に急加速? 米ドライバーに疑惑浮上
まるで映画!?プリウスまた暴走騒ぎ!米でパトカー体当たり
トヨタ「プリウス」逆風も首位維持 リコール影響し2月は受注3割減
ホンダHV「インサイト」が10万台突破 発売から1年で
走り求めて役員に“直訴” ホンダ「CR-Z」開発の友部氏
20年後、日本はありますか?

大阪のマンション玄関に遺体、殺人容疑捜査(読売新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
<日韓歴史研究>「教科書」溝埋まらず 継続危うく(毎日新聞)
<雑記帳>松阪牛VS輸入肉 香り豊かなのは?(毎日新聞)
<京都知事選>告示 新人、現職の2氏が立候補(毎日新聞)

<水俣病訴訟>不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(熊本県水俣市)が国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた訴訟で、鳩山由紀夫首相は18日、熊本地裁が提示した和解案について「長い間大変苦しんでこられた方々のお気持ちを考え、受け入れることにしたい」と述べた。首相官邸で記者団に語った。患者会は28日の原告団総会で受け入れの可否を決める。

 熊本地裁は15日の和解協議で、(1)患者への一時金1人210万円(2)療養手当1万2900~1万7700円(月額)(3)患者会に支払う団体一時金29億5000万円--などの所見を提示。原告、被告の双方に29日に受け入れの可否を回答するよう求めた。国は5月1日の水俣病犠牲者慰霊式までの救済開始を掲げており、早期決着に向け受け入れを決めたとみられる。

 残る被告のうち熊本県は24日にも正式に受け入れを表明する見通し。チッソは29日の次回協議で賛否を示すが、これまでも国と歩調を合わせており、受け入れの可能性が高い。

 また鳩山首相は「裁判によらない方々の分も同じような形で結論を見いだせるようにしたい」と述べた。国は、昨年成立した水俣病被害者救済特別措置法受け入れを表明した「水俣病出水の会」(鹿児島県出水市)など3団体とも救済内容を協議しており、これらの団体を含む全面解決を図る。

 一方、残る訴訟派団体「水俣病被害者互助会」(水俣市)は認定基準見直しなど抜本的な解決を求めて訴訟を継続する意向を示している。【山田夢留、西貴晴、足立旬子】

【関連ニュース】
水俣病:患者団体反応さまざま 熊本地裁の和解案提示で
水俣病:一時金1人210万円の和解案 「不知火」訴訟
水俣病:69年以降生まれも救済 国が提案
水俣病:関東移住の未認定患者23人が提訴
水俣病:関東移住の46人に疑い 東京で検診

花びらが多いシクラメン=遺伝子操作で開発-産総研など(時事通信)
【集う】第5回渡辺晋賞に作詞家の秋元康さん(産経新聞)
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘(産経新聞)
米兵の女「基地内で飲酒」=3人負傷の追突事故-沖縄県警(時事通信)
「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」(産経新聞)

今月下旬の沖縄訪問検討=普天間移設で知事と会談も-防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相が今月下旬に沖縄県を訪れる方向で調整していることが17日、分かった。陸上自衛隊那覇駐屯地(那覇市)の視察が主な目的だが、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題をめぐり仲井真弘多知事と会談し、政府案取りまとめの進ちょく状況を説明することも検討している。 

【関連ニュース】
月内の政府案決定に黄信号=日米外相会談で提示見送りも
米への移設案提示は未定=鳩山首相
普天間移設、日米協議は4月以降=平野官房長官
今月末に日米外相会談=普天間移設など協議
普天間は無関係=米国務次官補の訪日中止

<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)
消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も-菅財務相(時事通信)
寄付税制、月内に結論=議論前倒しを指示-鳩山首相(時事通信)
<火災>住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼(毎日新聞)
能楽観世流シテ方の河村禎二氏が死去(産経新聞)

<患者6人骨折>看護師を傷害容疑で逮捕 兵庫の病院で(毎日新聞)

 兵庫県佐用町の佐用共立病院(穀内隆院長)で08年末から09年初めにかけ入院患者6人が相次いで肋骨(ろっこつ)を骨折した問題で、県警佐用署は11日、看護師の羽室沙百理(さおり)容疑者(26)=佐用町山脇=を傷害容疑で逮捕した。「職場の人間関係にイライラしてやった」と供述し6件とも自分がやったと認め、夜勤や巡回中に患者を暴行したことをほのめかしているという。

 直接の逮捕容疑は、09年1月13~19日の間、うち1人の女性患者(当時85歳)の胸を両手で圧迫するなどして肋骨を骨折させたとしている。

 同署によると、6人は当時75~99歳。いずれも寝たきりで意思表示ができない状態だった。既に全員死亡しているが、骨折との因果関係は不明。病院は08年12月、1人の女性患者の異変に気付き、肋骨の骨折を確認。その後、他の5人の骨折も判明した。羽室容疑者は6件中3件の第一発見者だった。勤務日誌などから羽室容疑者が浮上した。

 病院によると、羽室容疑者は06年9月採用。いったん退職後、08年4月に再び採用され、09年9月から妊娠のため休職していた。西浦敏夫事務長は「まじめで穏やかな性格で、患者からのクレームもなかった。関係者に迷惑をかけ、おわびしたい」としている。

 医療関係者が病院内で患者に暴行し、逮捕された事件としては、和歌山市の病院で02年、統合失調症の入院患者が看護助手の男に殴られて転倒し、死亡した傷害致死事件や、千葉県八千代市の病院で08年、看護師の男が精神科の男性入院患者の右腕を骨折させた傷害事件などがある。

【久野洋】

1票の格差、「違憲」と判断=衆院選定数訴訟-福岡高裁(時事通信)
異音確認のすきに乗り逃げ また高級車盗 大阪・浪速の路上(産経新聞)
堺市で民家火災 一人死亡(産経新聞)
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側(時事通信)
「金をくれ」ナイフ男、郵便局長の説得で改心(読売新聞)

民主・公明接近、目玉政策でも…参院選後に連携?(読売新聞)

 民主、公明両党が10日、子ども手当法案と高校授業料無償化法案の修正で一致し、急接近ぶりを見せつけた。

 両党とも実績づくりを優先した形だが、他党からは「民主、公明両党は参院選後の連携を視野に入れているのではないか」との見方も出ている。

 2法案の修正協議は、公明党の漆原良夫国会対策委員長が9日、民主党の山岡賢次国対委員長に呼びかけて始まった。10日は両党幹部や平野官房長官が断続的に協議した。関係者によると、平野氏は法案修正に慎重な考えを示したが、山岡氏が「公明党の言う通りにすればいい」と押し切る場面もあったという。

 子ども手当創設と高校授業料の実質無償化は、民主党が昨年の衆院選のマニフェスト(政権公約)で掲げた「目玉政策」だ。党内では、野党との「対決法案」になることを回避できれば、「『民主党の政策は正しい』とアピールしやすくなる」(同党幹部)との声が出ていた。

 相次ぐ政治とカネの問題で、民主党内では最近、参院選での苦戦を予想する声も出ており、公明党との関係構築は、政局を有利に進めることにつながるとの思惑も働いたようだ。

 鳩山首相は10日、首相官邸で記者団に、子ども手当法案の修正について「ある意味、公明党さんが大変大事にしている子どもに対する政策だ。協力関係が出来るのは政権にとってありがたいことだ」と述べ、公明党の対応を評価した。

 一方の公明党は、野党転落で、参院選を前に支持者に訴える実績がないことに頭を悩ませていた。自公政権時代から児童手当の拡充を進めてきた経緯もあり、子ども手当創設などに関与するのが得策と判断した。

 両党の接近は他党に波紋を広げている。

 法案の修正協議は両党だけで先行して進められたため、社民党党首の福島消費者相は10日の記者会見で、「連立与党で協議してから(公明党に)ボールを返すのが筋だったのではないか」と民主党の対応に疑問を投げかけた。国民新党幹部は「民主党は連立より公明が大事なようだ」と吐き捨てた。自民党内では「公明党がここまで与党にすり寄るとは思わなかった」と警戒とも落胆ともつかぬ声が出ている。

遣唐使船、朱鮮やかに…復元ほぼ完成(読売新聞)
温暖化対策法、排出量取引と原発残し合意(産経新聞)
AKB48の小道具盗む=容疑で高校生ら3人逮捕-ドラマ撮影現場侵入・警視庁(時事通信)
「不安あおった」統一教会に1億円超賠償命令(読売新聞)
鳩山邦夫氏、平沼元経産相との連携目指す(読売新聞)

首相「普天間、進退かけるつもり全くない」(読売新聞)

 鳩山首相は9日夕、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し「覚悟を持って臨む」と発言したことについて「進退をかけるとか、野党の挑発に乗るつもりは全くない」と述べ、5月末までの決着ができなければ退陣するとの見方を否定した。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は発言の真意について「政治家は物事を判断する時には一つ一つ覚悟を持って臨むべきだ。国民の暮らし、命がかかわる話であればあるほど。首相として意思決定には覚悟を持って臨むべきだ(という意味)」と説明した。

<東京モノレール>レールの下に人 上下線全線運転見合わせ(毎日新聞)
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕-警視庁(時事通信)
<掘り出しニュース>BCリーグ審判員 地位低く人材難に(毎日新聞)
<上履き窃盗>女子生徒ばかり15足 容疑の男逮捕 愛知(毎日新聞)
漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)

野口宇宙飛行士 無重量の宇宙で「おもしろ実験」(毎日新聞)

 国際宇宙ステーションに長期滞在中の宇宙飛行士、野口聡一さん(44)が6日夜、無重量状態で重さ約45キロの袋を引っ張るなどの「おもしろ宇宙実験」をした。中継映像が、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で報道陣に公開された。

 野口さんは日本の実験棟「きぼう」の船内実験室に現れると「こんばんは」とあいさつし、ハンマーを空中で回転させ始めた。回転の中心と、物体の重心が一致する性質を利用し、重心の位置を見つける実験だ。

 また飲料水が約45リットル入った袋を、野口さんがひもで引っ張る実験もした。袋と野口さんの体が両方とも動いて近付き合い、最後は野口さんが袋に抱きついた。物体に力を作用させると、加えたのと逆向きの力(反作用)が物体から返ってくる「作用反作用の法則」の実例だ。

 おもしろ実験は、無重量の宇宙と重力のある地上の違いを、市民に理解してもらうのが目的。09年に若田光一宇宙飛行士が行ったのに続いて5回目。野口さんは今回、ステーションの公務のない休日を利用して実験した。JAXAは実験の動画を8日夜にホームページで公開し、その後、学校などに解説付きで無償配布する予定。【高木昭午】

【関連ニュース】
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:ISSに別れ 6月2日地球に帰還
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録
野口聡一さん:鬼は地球の外?…チョコで宇宙の「豆まき」

<茨城空港>採算は視界不良 定期便2路線で11日開港へ(毎日新聞)
社民「国外」国民新「シュワブ陸上」移設案提示(読売新聞)
民主党、「飛んでイスタンブール」の歌手・庄野真代を参院選に擁立へ(スポーツ報知)
脳脊髄液減少症、治療法の「保険適用を検討」-民主議連で厚労省(医療介護CBニュース)
愛称決めて JR東「はやて」後継「E5系」(河北新報)

JAYWALK中村容疑者逮捕=覚せい剤所持容疑-警視庁(時事通信)

 東京都港区内で覚せい剤を所持したとして、バンド「JAYWALK」のボーカル中村耕一容疑者(59)が、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で警視庁麻布署に現行犯逮捕されていたことが9日、同署への取材で分かった。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
押尾被告の公判前整理始まる=本人が出席
「暴力団事件、負担大きい」=覚せい剤密輸で裁判員

徳之島で移設反対集会、町長が声明読み上げ(読売新聞)
朝の京阪電車踏切で女性死亡 1万1千人に影響(産経新聞)
<萩原朔太郎>マンドリン曲がCDに 音楽家への思いが結晶(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏との距離否定=「これからは頻繁に会う」(時事通信)
雑記帳 駅伝全国制覇の世羅高陸上部が切手に 広島(毎日新聞)

<日本アカデミー賞>最優秀作品に「沈まぬ太陽」(毎日新聞)

 第33回日本アカデミー賞の授賞式が5日、東京都内のホテルで行われ最優秀作品賞に「沈まぬ太陽」が選ばれた。「沈まぬ太陽」は主演男優賞、編集賞と併せ3部門で受賞。「劔岳 点の記」は監督賞、助演男優賞など最多の6部門で受賞した。

 その他の主な最優秀賞受賞者は次の通り。

 ▽主演男優賞=渡辺謙「沈まぬ太陽」▽主演女優賞=松たか子「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」▽助演男優賞=香川照之「劔岳 点の記」▽助演女優賞=余貴美子「ディア・ドクター」▽監督賞=木村大作「劔岳 点の記」▽脚本賞=西川美和「ディア・ドクター」▽音楽賞=池辺晋一郎「劔岳 点の記」▽撮影賞=木村大作「同」▽照明賞=川辺隆之「同」▽美術賞=種田陽平・矢内京子「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~」▽編集賞=新井孝夫「沈まぬ太陽」▽録音賞=石寺健一「劔岳 点の記」▽アニメーション作品賞=「サマーウォーズ」▽外国作品賞=「グラン・トリノ」

【関連ニュース】
毎日映画コンクール:表彰式に1200人
彼女がキレイな理由:小西真奈美さん 器にこだわり「水1杯を飲むときも」
毎日映画コンクール:「沈まぬ太陽」に日本映画大賞 若松監督「プレッシャーと戦った」
毎日映画コンクール:日本映画大賞は「沈まぬ太陽」 男優主演賞は松ケン、女優賞は小西真奈美
TSUTAYA:「おくりびと」が1位、「ポニョ」「容疑者X」が続く 09年邦画ランキング

イルカ漁隠し撮り映画、漁協抗議で上映会中止(読売新聞)
予算案で菅財務相、公共事業依存からの脱却強調 参院予算委(産経新聞)
<中3転落重傷>同級生を逮捕 強要容疑で 埼玉・春日部(毎日新聞)
犯人隠避で会社役員ら逮捕=逃亡の会計士かくまう-GWG買収仲介脱税・東京地検(時事通信)
予算案が衆院通過、年度内成立が確定(読売新聞)

外国人参政権を議論=4月6日に臨時知事会議(時事通信)

 全国知事会(会長・麻生渡福岡県知事)は26日、永住外国人に地方参政権を付与する問題などを議論するため、臨時の全国知事会議を4月6日に都内で開くと各都道府県に通知した。知事会事務局によると、同問題が知事会議の議題になるのは初めて。ただ、知事の賛否は割れており、知事会としての意見集約は難しそうだ。
 地方参政権付与をめぐっては、石原慎太郎東京都知事が1月の記者会見で「絶対反対。日本に永住する方なら日本の国籍を取ったらいい」と発言。一方、達増拓也岩手県知事は同月の会見で「住民として、経済、社会活動に携わっている皆さんが、より(地域に)参画できるようにするのは、地域を良くする観点からも好ましい」と賛意を示した。 

【関連ニュース】
協議概要、国会に報告義務=「国・地方」法案の全容判明
「国・地方協議」、首相に招集権=骨子案まとまる
鳩山首相、メンバーから除外=「オブザーバー」参加に
地方からも招集可能に=「協議の場」で骨子案

新宿・三越の指輪強盗、韓国で逮捕(読売新聞)
防大生3人逮捕 女性に暴行未遂の疑い(産経新聞)
政治家の監督責任強化に意欲=規正法、今国会で改正-鳩山首相(時事通信)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定-気象庁(時事通信)
民主“参院の乱” 身内から「公共事業を止めるな」(産経新聞)

京大病院看護師を逮捕=データ虚偽入力容疑-容体急変患者からインスリン・府警(時事通信)

 京都大医学部付属病院で昨年11月、心疾患で入院していた女性患者(94)が一時意識不明となり、治療には必要ない高濃度のインスリンが血液から検出された事件で、京都府警捜査1課と川端署は2日、女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力したなどとして、公電磁的記録不正作出・同供用容疑で、京都市左京区吉田下阿達町、看護師木原美穂容疑者(24)を逮捕した。
 同課などによると、木原容疑者は容疑を認めているという。同容疑者は女性の担当看護師で、点滴の交換などをしていた。同課などは女性の点滴にインスリンが故意に混入されたとみており、経緯を知っているとみて事情を聴く。
 逮捕容疑は昨年11月14~16日、数回にわたり、循環器内科に入院していた女性患者の看護記録に虚偽の血糖値を入力して不正な電子データを作り、病院事務で同データを使える状態にした疑い。 

【関連ニュース】
自称霊能力者ら再逮捕=女性に薬物、殺人容疑など
自称霊能力者ら再逮捕へ=介護女性に薬物、殺人容疑
容体急変患者からインスリン=故意に投与の可能性も
肥満対策に健康な日本食を=大使館が料理指導

カイロプラクティック教育評議会
羽田空港、濃霧でダイヤに大幅な乱れ(産経新聞)
新型フル検出する研究用試薬を発売―アルフレッサファーマ(医療介護CBニュース)
マリオパーティDS
若草学園物語

<新幹線>さよなら「500系のぞみ」 28日で見納め(毎日新聞)

 JR西日本の新幹線電車500系のぞみ号が2月28日をもって営業を終了する。いよいよ東京駅での500系は見納めとなる。

 JR西日本が開発した500系電車は、1997年3月から新大阪-博多間で運転開始。当時世界最高時速300キロの営業運転を実現し、同年11月からはJR東海にも乗り入れ、東京-博多間で「のぞみ」として運用してきた。15メートルに及ぶ鋭くとがった先頭形状と丸みを帯びた車体、翼形パンタグラフを採用するなど、時速300キロの高速化に対応した独特のデザインで、鉄道ファンや子供たちに人気がある車両。すべての車両が電動車で16両編成9本、144両が製造された。

 現在、東京に乗り入れの500系のぞみ号は、一往復のみで、3月以降N700系に置き変わる。「のぞみ」としての使命を終えた500系は、新大阪~博多間の8両編成「こだま」として運用される。【文・写真 松田嘉徳】

【関連ニュース】
【写真特集】流線型の車体で「男の子の夢」だった 500系のぞみ
【関連】知りたい!:線路侵入騒動 「撮り鉄」の気持ち
【写真と記事で大特集】初代新幹線「ゼロ系」のすべて
【写真で見る】新幹線大図鑑 ゼロ系から最新E5系まで
【写真で見る】東北新幹線:新型車両E5系を公開 ロングノーズが特徴

週1回、記者会見を開放=事前登録で参加認める-行政刷新相(時事通信)
スズキ、「エブリイ」など43万台リコール=日産の7万台、ダイハツの6万台も(時事通信)
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用-厚労省(時事通信)
自動車用電線でカルテルか=矢崎総業などに立ち入り-公取委(時事通信)
脱税で弁護士ら逮捕=20億円所得隠し-東京地検(時事通信)

「憎まれるのはオレ1人でいい」 民主の渡部氏が小沢氏批判を抑制(産経新聞)

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、都内のホテルで講演し、政治資金規正法違反罪で元秘書らが起訴された小沢一郎幹事長への不満を抱える中堅若手議員に対し、自制を呼び掛けていることを明らかにした。

 渡部氏は講演で、「『憎まれるのは俺一人でいい。君らが憎まれ口をいって意地悪されることもないから、参院選までにけじめをつけるから辛抱しろ』と(中堅若手を)抑えている」と説明。

 そのうえで、「今の民主党は大政翼賛会みたいだ。大政翼賛会の時は太平洋戦争になったが、今の民主党には渡部恒三がいる。参院選前に『さすがは』と言われるよう、ちゃんとけじめをつけて党を再生させる」と述べ、党としての自浄能力を発揮するよう働きかける考えを強調した。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題では「鳩山由紀夫首相がしっかりやっている。国民に約束したとおり解決するのは間違いない」と断言した。

【関連記事】
「あの人が煽動」小沢側近が“黄門”渡部氏を痛烈批判
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
「喜んでもらえるけじめを」渡部氏、七奉行称賛も
渡部元副議長「歴史に残る決断すると思う」小沢氏辞任を示唆
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…

大津波警報、沿岸各地の鉄道一斉に運転見合わせ(読売新聞)
半島有事密約など認定へ=核持ち込みは「解釈の差」-外務省有識者委(時事通信)
自民が教員の政治活動規制法案を提出へ 北教組の違法献金事件受け(産経新聞)
トヨタ社長の姿勢を評価=米公聴会出席で-経産相(時事通信)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。