スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SS元船長公判 被告人質問で「酪酸問題ないと思っていた」 「ファシスト」叫ぶ傍聴人排除も(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひようぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーによる日本の調査捕鯨妨害事件で、艦船侵入や傷害など5つの罪に問われたSS抗議船「アディ・ギル号」元船長でニュージーランド国籍、ピーター・ジェームス・ベスーン被告(45)の第3回公判が31日、東京地裁(多和田隆史裁判長)で開かれた。被告人質問が行われ、ベスーン被告は「酪酸がかかっても問題がないと思っていた」などと、改めて傷害罪の犯意がなかったことを強調した。

 その上で、ベスーン被告は「船員の姿が見えなかった場所を狙った」などと酪酸入りの瓶を発射した状況を説明した。

 被告人質問を始めるにあたり多和田裁判長が「団体の主義主張を述べる場ではない」などと、ベスーン被告に異例の注意を行った。

 また、傍聴していたSSの活動を批判する団体の男性が法廷内で「ファシスト」などと叫び、地裁の職員に取り押さえられる一幕もあった。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日、南極海で第2昭南丸に酪酸入りのガラス瓶を放ち、異臭を拡散させて業務を妨害、乗組員1人にけがをさせた。同月15日には、防護用ネットをナイフで切り第2昭南丸船内に不法侵入するなどしたとされる。

【関連記事】
(1)SSのリンゴ砲攻撃に竹の棒で応戦?!負傷した捕鯨船団の乗組員が証言 SS元船長第2回公判ライブ
(1)職業は「キャプテン」「傷害の意図なかった」 SS元船長初公判ライブ 
外交切り離し捜査 SS元船長起訴で検察側
SS元船長起訴 海保「経験ない神経戦」
SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検
iPadが上陸

<飲酒>中学校教師が生徒にも 口裏合わせ指示 停職1年の懲戒処分(毎日新聞)
<防空識別圏>与那国の設定変更 台湾寄り洋上に…政府方針(毎日新聞)
融資保証金詐取容疑で3人逮捕=チラシ20万枚配布―警視庁(時事通信)
テレビ大阪が8分間中断=地デジ放送、操作ミスで(時事通信)
無言電話1000回超=損保会社に、容疑で50歳男逮捕―警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。